川崎|ACLSプロバイダー1日コース|受講申し込み

講義部分を online 自己学習できる方向けの1日コースです。医師の他、クリティカル領域の基礎理解を持つ ER や ICU の看護師・救急救命士などが受講対象となります。学生の方は2日コースをご検討ください。

締め切りました

日時 2022年5月21日(土) 9:30~20:00
場所 V.N.J. 川崎ラーニングセンター

〒210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-4 市川ビル2階 2A
(京急川崎駅 徒歩3分 / JR川崎駅 徒歩5分 【地図】)
受講料 39,600円
※受講決定から10日以内を目安に銀行振込でお願いします
受講対象 医師、ERやICUなどのクリティカル領域の看護師、救急救命士等
受講条件
  • 成人BLSができること(BLSプロバイダー資格/受講歴は問いません)
  • 事前の online 試験で70%以上のスコア表の提出(心電図、薬理、臨床判断についての60問)
  • 事前の online ビデオ視聴とその認定証の提出(約3時間)
テキスト ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020 準拠
※事前に書店にてご購入ください。お持ちでない場合は講習に参加できません。
実技試験
  • 成人一人法CPRとAED操作
  • BVMによる呼吸停止対応
  • ACLSメガコード(複数のアルゴリズムを使い分ける対応)
筆記試験 50問4択式で84%(42問)以上の正解(テキスト参照可能)
発行資格 ACLS Provider eCard(2年間有効 American Heart Association 公式資格)
運営 主催:非営利特定法人 つなぐいのちの輪 バイタルネットジャパン
共催:Child-Lifes.Yokohama
提携TC 日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンター (JSISH-ITC)
注意事項
  • 最少催行人数となり開講が決定しましたら、メールで受講案内をお送りします。その後、10日以内を目安に受講料を銀行振込でお支払いいただきます。
  • NPO法人バイタルネットジャパン主催ですが、事務管理ならびに当日の運営はBLS横浜が担当します。
  • 修了証は受講後2週間以内に電子認証 eCard で発行されます。合格後、ウェブ上の操作で印刷用PDFファイルがダウンロードできます。必要に応じて各自で印刷してください。
  • ACLSピンバッジの配布は行っておりません。
  • 感染拡大状況等により、直前でも中止となる可能性がございます。中止の場合は後日への振り替えか、受講料の全額返金をもって対応いたします。交通費や宿泊費ならびにそのキャンセル料の弁済はできかねますのでご了承ください。
  • 昼食は各自でご用意ください。ランチョンセミナーの形でDVDを視聴しながらお摂りいただきます。朝の時点でご準備いただくか、会場そばにコンビニエンスストアがありますので、休憩時間にご準備ください。

ACLSプロバイダーコースとは

主に病院内で実施される高度な医療処置を含む 二次救命処置 を実践できる ACLS プロバイダーを養成するためのアメリカ心臓協会AHA公式プログラムです。

ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)は、日本語では 二次救命処置 と翻訳されていますが、Cardiovascular に特化したものであり、主に致死性不整脈と心血管疾患を前提とした救命処置を学びます。(より広範囲な二次救命処置は PALS で学べます)

アルゴリズムに従い薬剤投与や手動式モニター除細動器を用いつつ、心停止、徐脈、頻拍、心拍再開後の治療をシミュレーションベースで体得します。その他、急性冠症候群、脳卒中、呼吸停止についてもカバーします。【AHA-ACLSプロバイダーコースの詳細